きものの雑学

懐が深い

懐が深い

「懐が深い」とは胸の内の考えが奥深く、余裕があることを表す言葉です。人物を形容する場合に使用されることが多く「相手の気持ちを推し量り、理解する能力に長けており、度量が広い人」「状況に応じて、善も悪も、優秀な人も不器用な人も、どんな人であっても受け入れることのできる人」を表現します。
語源としては、その昔、着物の懐(胸のあたり)に財布を入れていたことに由来し、「大事なものを入れる場所が深い」=「心の容量が大きい」という意味になったと言われています。
一方、相撲の専門用語としても使用される「懐が深い」という言葉。背が高く、腕の長い力士は、相撲で四つに組んだときに両腕と胸とで作る空間が広く、相手になかなかまわしを与えない様子を「懐が深い」と表現します。